Kotlin Koans 02 Named arguments

Named arguments (Playground)

Description

Default and named arguments help to minimize the number of overloads and improve the readability of the function invocation. The library function joinToString is declared with default values for parameters:

デフォルト引数および名前付き引数は、オーバーロード数の最小化、関数呼び出しの可読性の向上に役立ちます。標準ライブラリ joinToString 関数はパラメータのデフォルト値を使用して宣言されます。

fun joinToString(
separator: String = ", ",
prefix: String = "",
postfix: String = "",
/* ... */
): String

It can be called on a collection of Strings. Specifying only two arguments make the function joinOptions() return the list in a JSON format (e.g., "[a, b, c]")

joinToString() は文字列のコレクションで呼び出すことができます。引数を2つ指定すると、 joinOptions() がJSON形式でリストを返します。(例. "[a, b, c]")

Code

fun joinOptions(options: Collection<String>) =
options.joinToString(prefix = "[", postfix = "]")

Memo


名前付き引数は、関数と呼び出し側での引数の関連を明確にすることができる。 特に、bool値やnull値が複数あるような関数では役立つ。

RubyやPythonにはあるが、Javaにはない機能なので「Kotlinいいでしょ!!」という意図を感じる。

← Blog